Skip to content

Wifi通信関連はルーターの設置位置が大切です

Wifiが普及してきて、自宅でもその環境を整えている例は少なくありません。

無線でネット接続するのですから、ケーブルが邪魔になることもありませんし、家の中のどの部屋からもインターネットを利用することができて非常に便利です。ただ、時には接続スピードが遅いとか、よく途切れるといった現象に手を焼いているケースを耳にします。無線通信関連対の困った現象として、必ず聞かれる事象です。この対応策としてはWifiルーターの設置位置を工夫することが考えられます。設置を避けるのが望ましいい場所には、まず水回りがあげられます。

無線の電波は水を通過しにくい特性を持っていますので、台所や浴室などからは離れたところに設置するのがいいでしょう。同様に、部屋の中で熱帯魚を飼っていて水槽などがある場合、すぐ隣にルーターを置くのはやめたほうが無難です。また、近年、通信関連の環境整備が進んだことで家庭でも情報分電盤の導入が進んでいます。その中に設置するにあたっても注意をしなければなりません。確かに配線は容易にできますが、情報分電盤の位置が家屋の真ん中になっていないことも目立ちますし、またボックスの中に収納する形になりますので、電波を飛ばすことを考慮するとあまり好ましい置き場とは言えないのです。

そして、Wifiルーターを床に直接置くのは避けるべきでしょう。無線の電波が床面に反射して、電波が通りにくくなったり、スピードが落ちることにつながっていくからです。Wifi通信関連での不具合現象は、このような点を改善するだけで大きな効果が期待できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *