Skip to content

難しい通信関連の対策でWifiの設置は

通信関連の対策はよほどの物好きでない限りは理解すら難しくて頭痛がしそうな話題ばかりですが、Wifiを設置するときもそれなりに考えなくてはなりません。

まず光回線などに接続する無線LAN機器であるWifiを自宅に設置する場合には取扱説明書の通りにやるのが基本です。けどそれを置く場所に注意しないとなりません。据置型のWifi端末は基本的に電話やONU装置の隣に置きますが、その際には床から1メートルほど上が望ましくなります。というのは床に直接置いてしまうと電波が届きにくくなるからです。

けど床上ならばどこでもいいというわけでもありません。端末設置ではできるだけ水のある場所や直射日光の当たりやすい場所を避けるのが重要です。というのは水があると万が一機器が濡れて故障の原因になりかねないし、直射日光が当たると夏場などは暑すぎる温度のためにやはり故障の原因になりかねません。けど無線LANであるWifi端末の通信関連対策はそれだけやっていればいいというわけでもありません。多くの無線LAN機器は自動的に無線規格を最適な状況になるように切り替えてます。

けどその無線規格が2.4GHZになってる場合が多いです。これが曲者で同じ2.4GHZでは電子レンジなど他の家電製品も同じ周波数を使用しています。だから状況次第ではインターネット中に電子レンジを使用されると電波が干渉して接続不能になることもあります。さらに無線LAN端末は複数台のパソコンと無線接続可能です。けどこれも接続台数が多すぎると速度低下の原因になりかねないことが指摘されています。なので数台以上の同時接続などをしないような通信関連対策も考慮しておかねばなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *